ショーですべきこととしてはいけないこと、伝えないこと:
ライティング ワークショップ

もっと読む 小説を書く

Show、Don't Tell の「すべきこと」と「してはいけないこと」

小説家を目指す人は、「語るな、見せろ」という昔からのアドバイスによく遭遇します。 単純なルールのように思えるかもしれませんが、このテクニックを習得することは、ストーリーテリングにおいては困難ですが重要な側面となります。 「語るのではなく見せる」は、物語に深み、感情、没入感をもたらす強力なツールです。 このライティング ワークショップでは、「見せる、伝えるな」のすべきこととしてはいけないことを探り、鮮やかで刺激的なイメージを文章に吹き込むのに役立つ実践的なヒントを提供します。

「伝えるな、見せるだけ」とは何ですか?

「伝えるのではなく見せる」は、読者が感覚を通じてストーリーを体験できるように、説明的かつ感覚的な詳細を作家に奨励する執筆テクニックです。 感情、行動、状況を明示的に述べる代わりに、作家はこれらの要素を鮮やかなイメージとよく練られたシーンを通して示します。


「見せて、言わない」のやり方

  1. 感覚的な詳細を使用する
    感覚的な詳細を文章に組み込むことで、読者の感覚を引きつけます。 登場人物が経験する光景、音、匂い、味、質感を説明します。 感覚的な言語は物語に命を吹き込み、より没入型の読書体験を生み出します。

    例: 「彼女は怖がっていた」と言う代わりに、「彼女の心臓は胸郭に高鳴り、手のひらは恐怖でべたべたになった」と書くことができます。
  2. 感動的なシーンを作成する
    読者の心に絵を描くようなシーンを作成します。 アクション、会話、設定を使用して感情と動機を伝えます。 キャラクターが環境と相互作用して、その性格や意図を明らかにする方法を示します。

    例: 「彼は失恋した」と言う代わりに、「彼は震える手でくしゃくしゃの手紙を握りしめながら、頬に涙を流しながら壁にもたれかかりました」と書くこともできます。
  3. 強い動詞と形容詞を使用する
    感情やイメージを呼び起こす強力な動詞や形容詞を選択してください。 力強い言葉を使うと文章に深みと迫力が加わり、読者が情景を視覚化し、より深いレベルで登場人物とつながることができます。

    例: 「風が強く吹いていた」と言う代わりに、「猛烈な風が木々を吹き抜け、髪を顔になびかせた」と書くこともできます。
  4. キャラクターの反応を表示する
    キャラクターの行動、表情、ボディーランゲージを通じてキャラクターの感情を明らかにします。 彼らが状況にどのように反応するかを示し、読者が彼らの行動から感情や考えを推測できるようにします。

    例: 「彼は怒っていた」と言う代わりに、「不快な発言を睨みつけながら、彼の拳を握り締め、顎を引き締めた」と書くこともできます。


「見せてはいけない、伝えてはいけない」の禁止事項

  1. 過度の露出を避ける
    登場人物、設定、バックストーリーについて長い説明や情報ダンプを提供したいという衝動を抑えてください。 アクションや対話を通じてストーリーが自然に展開し、読者があなたが作成した世界を発見できるようにします。
  2. 明白なことを述べないでください
    感情や反応を率直に述べることは避けてください。 あなたが提供する文脈と感覚の詳細に基づいて、読者が登場人物の感情を解釈することを信頼してください。

    例: 「彼女は幸せでした」と言う代わりに、「彼女はくすくすと笑い、喜びで体を回転させ、目は喜びで輝いていました」と書くことができます。
  3. 副詞を使いすぎない
    動詞を修飾するために副詞に依存すると、文章が弱くなり、ストーリーテリングに自信がなくなってしまう可能性があります。 代わりに、動作や感情をより効果的に伝える強い動詞を選択してください。

    例: 「彼女は静かに話しました」と言う代わりに、「彼女はささやきました」と書くことができます。
  4. フラットな説明を避ける
    説明が表面的なものを超えて、登場人物の感情や経験を引き出すようにしてください。 設定や環境がキャラクターの感情や行動にどのような影響を与えるかを示すことで、それらを生き生きとさせます。

    例: 「部屋は散らかっていた」と言う代わりに、「紙や衣服が床に散乱しており、部屋に混沌とした雰囲気を与えていた」と書くこともできます。

練習問題: 伝えるのではなく見せる

「伝えるのではなく見せる」を練習するには、現在進行中の作業からシーンを選択するか、新しいシーンを作成します。 感情や行動を明確に述べる代わりに、説明的な言葉と感覚の詳細を使って何が起こっているのかを示すことに挑戦してください。


おわりに

「語るのではなく見せる」は、文章の質を高め、読者をストーリーテリングに引き込む強力なテクニックです。 感覚的な詳細を使用し、刺激的なシーンを作成し、キャラクターの反応を示すことで、永続的なインパクトを残す鮮やかで魅力的な物語を作成できます。

執筆は継続的な改善の旅であることを忘れないでください。 「伝えるのではなく見せる」をマスターするという課題を受け入れ、練習と実験を通じて技術を磨き続けてください。

ハッピー・ライティング!





TwelvePoint で書き始めましょう



Download on the Mac App Store
(Mac Intel, Apple Silicon)
Download on the App Store
(iPhone, iPad, Apple Vision Pro)




私たちのコミュニティ

あなたはいつでも電子メールまたはソーシャルネットワークで私たちに連絡できることを忘れないでください: Instagram, 𝕏, Patreon.
最先端のスクリーンライティングソフトウェアを提供するために、TwelvePointを常に更新しています。 新しい機能を開発したり、不要になった機能を削除したりする場合は、コミュニティからのフィードバックが考慮されます。

もっと詳しく知る: 脚本作成ソフトウェア | TwelvePoint を使用するとどこにでも書き込めます