魅力的な会話を作成する:
すべてのライター向けのヒントとコツ

もっと読む 小説を書く

魅力的な対話を作成する

対話は物語の心臓部であり、登場人物に命を吹き込み、物語を前進させます。 魅力的な会話は読者を魅了し、物語の説明だけでは達成できない性格、感情、葛藤を明らかにします。 経験豊富な作家であっても、文学の旅を始めたばかりであっても、魅力的な会話を書く技術を習得することは、没入型で忘れられない読書体験を生み出すために不可欠です。 このブログ投稿では、すべてのライターが説得力のある本物の会話を作成するのに役立ついくつかの重要なヒントとコツを探っていきます。

  1. 会話を自然に聞こえるようにする
    会話を書く主な目標の 1 つは、会話を自然でリアルに聞こえるようにすることです。 人は完璧に構造化された文章で話すことはめったにありませんし、登場人物もそうすべきではありません。 短縮、一時停止、中断を使用して、自然な音声パターンを模倣します。

    キャラクターの背景と性格を考慮してください。 彼らのスピーチは彼らの背景と経験を反映している必要があります。 ストリートで賢いティーンエイジャーは、年配の教授とは異なるスラングや語彙を使用する可能性があります。 これらのニュアンスに注意を払うと、キャラクターが生き生きとして、本物に感じられるようになります。
  2. 見せて、言わないで
    対話は、読者に明示的に伝えるのではなく、キャラクターの感情や動機を示すための優れたツールです。 キャラクターの言葉や口調で感情、欲望、葛藤を明らかにしましょう。

    たとえば、「ジェーンは怒っていた」と述べる代わりに、ジェーンの会話や行動で彼女の感情を伝えましょう。 「あなたがそんなことをしたなんて信じられない!」と彼女は拳を握り締めながら言いました。
  3. サブテキストと含意を使用する
    実際の会話では、人々は話した言葉以上のものを伝えることがよくあります。 サブテキストと含意が対話に深みを与え、解釈やニュアンスの余地を残します。

    たとえば、「今夜パーティーに行きますか?」のような一見無害なやりとりには、暗黙の意味が重なり合っている可能性があります。 反応やボディーランゲージによって、興奮、嫉妬、抵抗感などの隠れた感情が明らかになることがあります。
  4. しっかりと目的を持って行動しましょう
    プロットやキャラクターの成長に寄与しない過度のおしゃべりやつなぎの会話は避けてください。 会話は目的を持って行われ、ストーリーを前進させたり、重要な情報を明らかにしたりする必要があります。

    特に緊迫したシーンやアクション満載のシーンでは、会話のペースを考慮してください。 短くパンチの効いたやり取りは緊張感を高め、読者をハラハラさせてしまう可能性があります。
  5. Dialogue タグを賢く使用する
    「彼は言った」や「彼女は叫んだ」などの会話タグは、音声を特定の登場人物に帰するために不可欠です。 ただし、慎重に使用すると、気が散ったり、繰り返したりするのを防ぐことができます。

    標準タグのみに依存するのではなく、アクションビートと説明を混ぜて発言者を識別します。 たとえば、「ジョンは拳をテーブルに叩きつけた。『こんなくだらない話はもう飽きた』」。
  6. 声に出して読んでみましょう
    会話を声に出して読むことは、ぎこちない言い回しや不自然な発話パターンを特定するための貴重なツールになります。 スムーズに話せなかったり、話したときに正しく聞こえなかったりする場合は、会話を作り直すことを検討してください。

    会話のリズムやテンポに注意してください。 声に出して読むと、各登場人物の声が明確で一貫しているかどうかを判断するのにも役立ちます。
  7. 微妙な緊張と対立を生み出す
    会話は、登場人物間の緊張や対立を伝える強力な手段となります。 微妙な意見の相違、根底にある恨み、または暗黙のライバル関係は、ストーリーに深みと陰謀を加える可能性があります。

    パワーダイナミクスと相反する目標を探って、キャラクター間の本物で説得力のあるインタラクションを作成します。 この緊張感により、読者は物語の結末に興味を持ち、集中することができます。
  8. 沈黙をいつ使用すべきかを知る
    すべての魅力的な会話に、たくさんの言葉が必要なわけではありません。 沈黙を戦略的に利用することも、同様に大きな影響を与える可能性があります。 沈黙の瞬間は、言葉では表現できない感情や暗黙の考えを伝えることができます。

    二人の登場人物が別れ、言葉もなく意味深な視線を交わすシーンを想像してみてください。 語られなかったことが多くを語ることもあります。




おわりに

魅力的な会話を書く技術を習得することは、すべての作家が開発し、磨くことができるスキルです。 自然な響きの会話、サブテキスト、目的のあるやりとり、タグと沈黙の戦略的使用はすべて、本物で没入型の会話の作成に貢献します。

会話は、キャラクターの深みを明らかにし、プロットを進め、読者を感情的に引き込むための強力なツールであることを忘れないでください。 これらのヒントとコツを適用することで、キャラクターに命を吹き込み、視聴者の共感を呼ぶ会話を作成して、ストーリーを忘れられない体験にすることができます。 それで、さあ、キャラクターに話させて、あなたの物語が生き生きとしているのを見てください! ハッピーライティング!

ハッピー・ライティング!





TwelvePoint で書き始めましょう



Download on the Mac App Store
(Mac Intel, Apple Silicon)
Download on the App Store
(iPhone, iPad, Apple Vision Pro)




私たちのコミュニティ

あなたはいつでも電子メールまたはソーシャルネットワークで私たちに連絡できることを忘れないでください: Instagram, 𝕏, Patreon.
最先端のスクリーンライティングソフトウェアを提供するために、TwelvePointを常に更新しています。 新しい機能を開発したり、不要になった機能を削除したりする場合は、コミュニティからのフィードバックが考慮されます。

もっと詳しく知る: 脚本作成ソフトウェア | TwelvePoint を使用するとどこにでも書き込めます